【違法風俗店?】働いてはいけない違法風俗店ってどんなお店?

今では日本全国に数え切れないほどある風俗店ですが、全てが優良風俗店とは限りません。

中には必要な許可を受けずに営業している「違法風俗店」なども存在しています。

違法風俗店で働いてしまうと、本番行為を強要されてしまったり、給料を払ってくれなかったりと様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。

今回はそんな違法風俗店の実態や、見極めるポイントなどをご紹介しますので、これから風俗でのお仕事などを考えている女の子達は事前にチェックしておいてください。

トラブルに巻き込まれてしまってからでは遅いので、事前に見極める力をつけてトラブルを防ぐようにしましょう。

風俗の違法風俗店ってどんなお店?

届け出を行わず無許可営業をしている

風俗店を営業するには、風営法で定められている「届出書」を提出をしなければいけません。

そして公安員会から届出確認書を発行されていない店舗は、風俗店の営業ができないことになっています。

届出を行わず確認書を得ずに営業している店舗は、全ての店舗が「違法風俗店」と思って大丈夫です。

風俗店は基本的に定められた地域でしか営業ができないので、商業施設や学校、病院などで営業している店舗も違法風俗店です。

未成年の女の子が働いている

18歳未満の女の子が風俗店でお仕事をすることは法律で厳しく禁止されています。

本来であれば面接時に女の子の身分証明証などを提出させ、年齢を確認しています。

年齢の確認ができない場合はお店で働かせることができないので、風俗店も確認を行う必要があります。

面接時に身分証の提出や年齢の確認が無かった場合は、18歳未満の女性をお店で働かせている可能性が高いので注意しましょう。

本番行為や売春を斡旋している

日本の風俗店では本番行為や売春行為は禁止されています。

お店側が本番行為を勧めてきたりする場合は、確実に違法風俗店ですので注意しましょう。

これらの行為は最悪の場合検挙されてしまう可能性もあるので危険です。

お店側が禁止している場合

在籍する女の子がお客様に交渉して本番行為を行なっていた場合も、お店側に大変な迷惑をかけることになります。

その女の子の独断での本番行為が原因で、お店が営業停止になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

違法風俗店を見極めるポイント

届出や確認書を受けていないお店には注意

風俗店の営業所には入り口などに届出確認書を掲示している場合が多いので、届出確認書を確認しましょう。

しっかりと届出を行なっている優良風俗店であれば、掲示か提示してくれるはずです。

上記でも紹介しましたが、届出の確認ができない店舗でお仕事をするのは辞めておきましょう。

客引きをしているお店には注意

最近では風営法が厳しくなっており、路上での客引き行為をしている店舗はありません。

これからお仕事をしようとしている女の子達には分かりづらいと思いますが、入店のきっかけも路上でスカウトマンに声をかけられてなども危険ですので注意が必要です。

風俗情報サイトに無いお店には注意

確認を受けている優良風俗店などでは、広告費を使って様々な風俗店の情報サイトや情報雑誌などに広告を行なっています。

そして情報サイトや情報雑誌へお店の情報を載せるには、届出確認書の提出が必要ですので、情報サイトに掲載されているお店は安心して大丈夫でしょう。

少しでも怪しいなと思った場合は、事前に風俗情報サイトなどで面接に行くお店の情報を調べてみると安心です。