【風俗嬢の7つ道具】備品のの種類や扱い方と便利アイテムを紹介!

風俗のお仕事を始めるにあたって「何を用意すればいいの?」と迷う女性も多いと思います。

お店から無料貸与してもらえるものや、自分で用意しなければならないものもあります。

今回は風俗店でのお仕事を始める前に準備しておいた方が良い物、持っておくと便利なアイテムを紹介していきます!

風俗店の備品などは無料?

風俗店で働く時に注意が必要な点として「備品の取り扱い」です。

店舗により若干異なりますが、多くの女の子は消耗品やオプション(大人のおもちゃ等)は自己負担で用意しています。

MEMO
店舗型の場合、おしぼりやボディーソープは無料貸与(実質、支給)されますが、消耗品のイソジンや歯磨きセットは個人負担で持ち込みになることがあります。バスタオルなどもお店にお金を払って有償貸与(レンタル契約)になる事が多いです。

これは、お店と風俗嬢の契約の関係が大きく影響しています。

基本的に風俗嬢はお店と「雇用契約」ではなく「業務委託契約」になります。

わかりやすく言えば、風俗嬢はお店に雇われているのではなく「お店を借りて仕事をしている個人事業主」という扱いになります。

そのため、仕事で必要な備品は支給されるのではなく「その都度、仕入れをしている」という形が基本になります。

もちろん、仕入れの差し引きを考えてもプラスになるように計算されているので赤字になることはありません。しかし、この前提を知っていないと話がちょっとややこしくなるので注意が必要です。

風俗嬢の7つ道具とは?

風俗のお仕事をするのに最低限「これだけは必要!」というものを紹介します。

これらはお店から備品として支給されたり、貸与されたとしてもお店側で用意して置いてくれる事がほとんどです。

風俗業界が初めてという女の子には使い方も教えてくれるので、現段階で知識がなくても安心して仕事が始められます。

イソジンやグリンス(消毒薬)

サービス前の消毒は、性病感染予防のため必須です。

自分自身のためにも、お客様本人のためにも清潔な状態で気持ちよく接客をしましょう。

極端に消毒を嫌がったり局部の洗浄時に痛がる人がいたらサービスをお断りする場合もあります。

ボディーソープ

店舗型の場合、在庫しているため心配する必要はありませんが、出張型の場合は”出張先に置いていない”などと使えない場面に遭遇すると言う事もあります。

消毒薬と合わせて、清潔な状態を保つために必須なアイテムです。

バスタオル

意外と忘れてしまう重要アイテムです。

シャワーの後に体を拭くだけでなく、出張型の場合はベッドや室内を汚さないために使う事もあります。

MEMO
特に個人宅に出張する場合、必要な大きさのバスタオルが無かったり、清潔なタオルが無かったりするケースもあるので持参は必須です。

ローション

プレイ中に体の滑りをよくするために使います。

特に素股プレイの時には滑りが良くないと予想以上に疲れます。

特に忙しい日は1日に何人もサービスをする事になるので、気持ちよく接客をするために余計な体力を消費しないためにも大事な商売道具です。

素股以外にもフェラやボディリップをする時も使う事があるので口に入る事もあるので、なるべく新しいものを常備して置いた方がよいでしょう。

注意
ローション自体は海藻などの自然成分でできているので口に入っても無害ですが、古くなると雑菌が繁殖したりカビが生える事があるので、自分で管理している新しい物を持ち歩いた方が無難です。

コンドーム

本番行為のためでは無く、衛生具として携帯します。

お客様の中には、性病感染防止のためフェラをする時にもゴム付きを希望する人もいます。

また出張型の場合、精液が飛び散って部屋が汚れることを防止するためにゴム付きで素股フィニッシュをする事もあります。

オプションで大人のオモチャを使う場合にも衛生面を考慮してコンドームを使います。

タイマー

明朗会計のため見やすい位置に置いて使います。

出来れば、残り時間がはっきり見えるように大きめのものが良いでしょう。

サービス料金は利用時間で設定されているため、サービスの提供時間や残り時間が曖昧になるとトラブルの元です。

今ではスマホでもタイマー機能がありますが、常にお互いに時間を確認できるようにしておくという点では従来のタイマーが便利です。

携帯電話

出張型の場合はお店との連絡用として必須です。

これが無いとサービスの開始や終了の報告、送迎の手配ができません。

店舗型の場合でもシフト管理や緊急時の連絡用として無くてはならないものです。

個人用の携帯電話とは別にお店用の携帯電話を貸与される事もあります。

持っておくと便利なアイテム

上記と違い、お店側で用意してくれることはほとんどありませんが、仕事をする上で必要になってくる物もあります。

個人負担で用意する事になりますが、これらの道具を使う「ちょっとした気遣い」が指名獲得やリピーター確保に繋がり、収入アップだけでなく仕事の楽しさややりがいを見つけることにもつながるでしょう。

メイク道具

見た目の印象は重要な要素です。

しかし、仕事の特性上、メイクは崩れやすく接客前の化粧直しは必要になってきます。

お客様も化粧が崩れた女の子が現れたら興ざめしてしまうでしょう。

忙しい日は1日に何度も化粧直しをする事になりますが、これをおろそかにしてはリピーターの獲得は難しいです。

清潔な下着

雰囲気を出すためにエロい下着やオシャレな下着で演出をする事は大事ですが、それ以上に大切な点が「清潔感」です。

いくら高級品でもヨレヨレだったり破れていたり汚れていては台無しです。

出張型の場合、お客様の好みに合わせて下着を変えたり、毎回違った下着を着用するなど、見えないところでの努力がリピーター確保に繋がります。

MEMO
トップクラスの風俗嬢になると「下着は消耗品」と割り切って、月に数万円単位で買い換える人も。だからと言って、高級な下着である必要はなく、2000~3000円前後でも良いものはあるので、シフトや出勤頻度に合わせて上手に利用すると良いでしょう。

デリケートゾーンのケア用品

セルフケアも風俗嬢として働く上で大事なポイントです。

風俗嬢は仕事の特性上、どうしてもデリケートな部分を酷使しやすい仕事です。

ケアがいい加減だと雑菌が繁殖してしまい、異臭やオリモノなどの原因にもなってしまいます。

これでは、お客様に気持ちの良いサービスを提供する事はできません!見た目だけでなく、細部まで清潔に保つ事が大事になってきます。

自分自身のメンテナンスも大事な仕事です。

自分用のボディーソープ

店舗が用意してくれるボディーソープは、どうしても業務用の安いものになってしまいます。

人によっては肌に合わない場合もありますので、その場合は自分で用意する事になりますが、多くの風俗嬢は当たり前のように自分用のボディーソープを用意しています。

これは気に入ったものを使いたい…という理由もありますが、敢えて品質の良いものを使い他の風俗嬢と差別化を図る目的もあります。

利用する男性側も激安の業務用品より、お気に入りの女の子が普段から使っているボディーソープと同じものを使えると、なんとなく嬉しい気分になります。

「なんとなく嬉しい」がリピートに繋がる大事なポイントになります。